人に合わせた製品

実は、難聴というのは多くの人が悩む問題なのです。
難聴と言えば、多くの人が高齢の人に見られる症状と思われるでしょう。
しかし、子供などの若年層にも先天的にこの症状が現れることがあるため、一概に高齢者のみが発症するものとは言えないのです。
難聴による問題と聞いて、多くの人は単純に人の声が聞き取りづらいだけだろうと軽く考えてしまいがちです。
ですが、この難聴の問題は深刻であり、人の声が聞き取りづらいと、生活においてさまざまな弊害が現れます
学校や職場であれば、授業や業務内容の周知などが聞き取れないため、まともに学習や仕事を行なうことができません。
また、人との会話も難しくなるため、途中何度も会話の腰を折って聞き返す事や、大事な話を聞き逃すなどをしてしまい、まともに人間関係を築く事も難しくなるのです。
こうした難聴の問題は、販売店で適した補聴器を購入することで解消することが出来ます。
販売店では、難聴に苦しむ人の聴力レベルに合わせて適した補聴器を提供してくれるのです。
販売店で難聴レベルの確認を行えるため、医療機関などからの診断書も必要はないのです。

人によって難聴の症状は、なかなか周りに気づかれない場合があります。
例えば、片耳だけが聞こえるといった場合などは、正常な方の耳で言葉を聞き、理解を進める事が出来ます。
その為に、声に反応したり、会話もスムーズに出来たりするため、周りに気づかれにくいのです。
人間は常に両方の耳から情報を得ているため、片耳が聞こえていたとしても問題なのです。
学校や職場などで、誰かに話しかけられた場合、声をかけた相手が何処にいるのか、方角がつかめずに戸惑ってしまう事があります。
また、物音による距離感もつかみにくいため、すぐ近くで何らかの異音がした場合にも、遠くの音であると感じることがあります。
そのため、片方だけが聞こえている状態でも危機管理能力が欠けてしまうため、実生活において弊害が生じるのです。
補聴器の販売店では、こうした難聴の症状を持つ人に対しても、専用の機器を提供してくれます。
販売店では、片方の聴力に合わせた補聴器を選んでくれるため、違和感なく生活を送ることができるようになるでしょう。

よく、お子さま用の補聴器を扱う専門販売店では、いつ頃からつけたら良いのか、という疑問を寄せられます。
耳につける装具なので、早めに慣れることが必要なので、つけ始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。
耳慣れない音や、急に周りの会話や生活音がクリアになるので、始めは戸惑うお子さまも多いと聞きます。
その為、補聴器の専門販売店の中には、レンタルサービスを行なっている店舗もあります。
1日~1週間ほどのレンタルを行い、持ち帰って日常生活の中で補聴器の具合をチェックする事があります。
長く付き合う補助具なので、やはり合ったものを選ぶ必要があり、レンタルシステムは特に小さいお子さまを持つ方々に好評を得ています。

購入の流れ

補聴器には耳かけタイプの商品や耳穴に入れる商品など多くの商品が存在します。販売店では使用する人に合わせて商品を選ぶことができますので、商品を比較しながら購入する商品を選びましょう。

Read more

商品の購入

補聴器の購入は、専門店のスタッフとじっくり相談しながら決定する事ができます。お子さまの聞こえの程度に合わせて調整(フィッティング)に時間を掛けてもらえるのも専門販売店ならではの良い点です。

Read more

おしゃれを楽しむ

近年はおしゃれを楽しむことができる商品が多く見られるようになりました。補聴器も同じく、オシャレを楽しめるため、他の人とは違うオリジナルの商品を手に入れましょう。販売店では好みのデザインを選ぶことができます。

Read more

FMシステム

また、専門販売店ではFMシステムという、補聴援助機器を取り扱う店舗があります。FMシステムとは、話し声をマイクでキャッチし、FM電波に乗せて補聴器に直接届けるシステムの事です。

Read more

オススメリンク

  • 愛眼

    高品質な難聴の補聴器を購入したいならこちら。よく聞こえるものがたくさん揃っているので、比較するのにうってつけです。